富士フイルムホールディングス

「令和元年台風第15号」及び「第19号」による被災地・被災者への支援について

ニュースリリース

2019年10月16日

「令和元年台風第15号」および「第19号」により被害にあわれた皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

富士フイルムホールディングス株式会社(社長:助野 健児)は、今回の台風による被災地・被災者への救援支援のため、グループ企業である富士フイルム株式会社より1,000万円、富士ゼロックス株式会社より500万円、合計1,500万円の義援金と、避難所などにおける感染症予防のため、除菌効果が長く持続する富士フイルムの環境清拭材「Hydro Ag+(ハイドロ エージープラス)アルコールスプレー」計4千本を寄付いたします。また、今後もグループ従業員に対して、義援金募集を行うなど、支援を継続してまいります。

被災地の一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げますとともに、富士フイルムグループ全体で被災地を支援してまいります。

お問い合わせ

報道関係

経営企画部
コーポレートコミュニケーション室

  • * 記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。