富士フイルムホールディングス

CSR視点からの検索

富士フイルムホールディングスでは、2010年11月に発行された国際規格ISO26000「社会的責任に関する手引き」の7つの中核課題に則った情報開示がなされているかなど、検証のために対照表を作成しています。

ISO26000の中核主題

課題

取り組み項目

サステナビリティレポート2019での掲載ページ

マネジメント編

SVPストーリー編

組織統治

組織統治

トップコミットメント

-

CSRマネジメント

Sustainable Value Plan 2030

サプライチェーン[重点課題]CSR基盤をサプライチェーン全体にわたり強化する

 

コーポレート・ガバナンス

ガバナンス[重点課題]ガバナンス体制の改善と堅持

 

コンプライアンス・リスクマネジメントに関する情報

-

〔WEB〕統合報告書

-

-

人権

1.デューデリジェンス

2.人権に関する危機的状況

3.加担の回避

4.苦情解決

5.差別および社会的弱者

6.市民的および政治的権利

7.経済的、社会的および文化的権利

8.労働における基本的原則および権利

CSRマネジメント

-

ステークホルダーコミュニケーション

 

-

Sustainable Value Plan 2030

人権に関する苦情および意見収集の仕組み

-

サプライチェーン[重点課題]CSR基盤をサプライチェーン全体にわたり強化する

コーポレート・ガバナンス

(行動憲章、行動規範)

(行動憲章、行動規範)

ガバナンス[重点課題]ガバナンス体制の改善と堅持

社会貢献活動

社会的側面/基本的な考え方、基礎データ、従業員の多様性推進と機会均等、従業員の安全と健康

-

人権

-

サプライチェーンマネジメント

-

労働慣行

1.雇用および雇用関係

2.労働条件および社会的保護

3.社会対話

4.労働における安全衛生

5.職場における人材育成および訓練

Sustainable Value Plan 2030

健康[重点課題5]健康経営の推進

働き方 扉

-

働き方[重点課題1]働きがいにつながる環境づくり

働き方[重点課題2]多様な人材の育成と活用

サプライチェーン 扉

-

サプライチェーン[重点課題]CSR基盤をサプライチェーン全体にわたり強化する

社会的側面/従業員の状況

-

サプライチェーンマネジメント

-

環境

1.汚染の防止

2.持続可能な資源の使用

3.気候変動緩和および適応

4.環境保護、生物多様性および自然生息地の回復

ステークホルダーコミュニケーション

Sustainable Value Plan 2030

 

環境 扉

-

環境[重点課題1]気候変動への対応

環境[重点課題2]資源循環の促進

 

環境[重点課題3]脱炭素社会の実現を目指したエネルギー問題への対応

 

環境[重点課題4]製品・化学物質の安全確保

 

サプライチェーン[重点課題]CSR基盤をサプライチェーン全体にわたり強化する

社会貢献活動

環境側面

-

サステナビリティ会計(労働環境・社会会計、環境会計)

-

生物多様性

-

公正な事業慣行

1.汚職防止

2.責任ある政治的関与

3.公正な競争

4.バリューチェーンにおける社会的責任の推進

5.財産権の尊重

Sustainable Value Plan 2030

 

 

コーポレート・ガバナンス

-

ガバナンス[重点課題]ガバナンス体制の改善と堅持

顧客対応マネジメント

-

コンプライアンス&リスクマネジメント

-

知的財産の考え方

-

-

サプライチェーンマネジメント

-

消費者問題

1.公正なマーケティング、情報および契約慣行

2.消費者の安全衛生の保護

3.持続可能な消費

4.消費者に対するサービス、支援並びに苦情および紛争解決

5.消費者データ保護およびプライバシー

6.必要不可欠なサービスへのアクセス

7.教育および意識向上

Sustainable Value Plan 2030

 

 

環境[重点課題1]気候変動への対応

 

 

 

健康[重点課題2]医療サービスへのアクセス向上

 

 

健康[重点課題3]疾病の早期発見への貢献

 

 

健康[重点課題4]健康増進、美への貢献

 

 

生活[重点課題1]安全、安心な社会づくりへの貢献

 

 

生活[重点課題2]心の豊かさ、人々のつながりへの貢献

 

 

働き方[重点課題1]働きがいにつながる環境づくり

 

 

 

顧客対応マネジメント

-

プライバシー保護

-

〔WEB〕マネジメントシステムの活用

-

-

〔WEB〕品質方針

-

-

コミュニティーへの参画およびコミュニティの発展

1.コミュニティへの参画

2.教育および文化

3.雇用創出および技能開発

4.技術の開発および技術へのアクセス

5.富および所得の創出

6.健康

7.社会的投資

Sustainable Value Plan 2030

-

ステークホルダーとのコミュニケーション

健康[重点課題2]医療サービスへのアクセス向上

 

 

健康[重点課題3]疾病の早期発見への貢献

 

 

健康[重点課題4]健康増進、美への貢献

 

 

生活[重点課題1]安全、安心な社会づくりへの貢献

 

 

生活[重点課題2]心の豊かさ、人々のつながりへの貢献

 

 

社会貢献活動

サステナビリティ会計(労働環境・社会会計)

-

企業市民活動

-