富士フイルムホールディングス

CSR活動報告│新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への取り組み

多岐にわたる技術・製品が様々な診断をサポート

未知のコロナウイルス感染症診断に貢献する診断機器・システム

【体外診断(IVD*1)】感染拡大初期の緊急対応に貢献

全国医療機関へ提案の契機となった実験室安全キャビネットでの使用第一例

「富士ドライケムNX500」は、当社が写真分野で培った技術を生かして開発した体外診断(IVD)で使用される臨床化学分析装置で、検体を点着するだけで迅速・簡便に測定を行える点が特長です。血球分析装置などとの併用で患者の発熱が細菌やウイルスによるものかどうかを分析できるため、中国では感染拡大初期にPCR検査の必要性を迅速に判断するために活用されました。FUJIFILM(China)Investment Co., Ltd.は、2020年1月下旬にある特定医療機関に機器を緊急導入したのを皮切りに、通常2年間分に相当する台数を2カ月間で中国全土の医療機関に設置。このうちおよそ半数が発熱外来で使用され、感染拡大初期に医療機関でのPCR検査能力が増強できるまで、政府主導の早期緊急スクリーニング検査対応の体制づくりに貢献しました。

  • *1 IVD(In Vitro Diagnostics):患者から採取した血液や尿などの検体に試薬を加え、その反応から体の状態や感染症の有無などを調べる診断方法

【画像診断ソリューション】在宅でのオンライン診断により医師の負担を軽減

「Operation Workstation」を構築したメンバー

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、イギリスでは胸部X線撮影の件数が急増し、画像診断を行う放射線科医も多忙を極めています。そこでFUJIFILM UK Ltd.は、画像診断ソリューション「SYNAPSE」をベースに、医師が自宅でも病院と同じ環境で読影やレポート業務ができる「Operation Workstation」を構築しました。導入病院からは、医師の負担軽減と柔軟で効率的な働き方も可能になると評価されています。

【内視鏡診断】肺からの検体採取に貢献

気管支内視鏡を用いて肺内部の細菌やウイルスの採取が可能

PCR検査の精度は肺から採取した検体*2を用いると高まるため、欧州や中国での感染拡大初期には、検体採取の目的で内視鏡検査が活用されました。医療機関で肺炎などの呼吸器疾患の診断設備が増強される中、気管支内視鏡の需要急増に対し、富士フイルムは世界各地からの要望に応えました。

  • *2 検体:血液や組織の一部など、人体から採取・排出される検査対象となる物質。肺感染症では、肺に生理食塩水を入れ、その液体を回収し検体として用いることが多い(気管支肺胞洗浄検査)

※ 本ページは、サステナビリティレポートから一部抜粋したものを掲載しています。