富士フイルムホールディングス

富士フイルムグループ 企業理念

わたしたちは、先進・独自の技術をもって、最高品質の商品やサービスを提供する事により、社会の文化・科学・技術・産業の発展、健康増進、環境保持に貢献し、人々の生活の質のさらなる向上に寄与します。

オープン、フェア、クリアな企業風土と先進・独自の技術の下、勇気ある挑戦により、新たな商品を開発し、新たな価値を創造するリーディングカンパニーであり続ける。

上記の「富士フイルムグループ企業理念・ビジョン」の精神を国内外のグループ全従業員に浸透させるべく、わたしたちは「富士フイルムグループ企業行動憲章・行動規範」を定めています。企業行動憲章・行動規範の制定・改定は、富士フイルムホールディングス株式会社 CSR委員会で採択され、取締役会に報告されます。

グローバルヘルスケア行動規範

ヘルスケア事業については、社会及び各国の規制当局から、より高い倫理性、透明性、公正な事業活動が求められるようになっていることを踏まえて、適切な事業活動を推進するために順守するべき事項を定めた「グローバルヘルスケア行動規範」を制定しています。
詳しくはこちら

  • 国際人権章典
  • ILO中核的労働基準
  • 国連グローバルコンパクト(UNGC)10原則
  • 国連ビジネスと人権に関する指導原則
  • ISO26000
  • 子供の権利とビジネス原則
  • 腐敗の防止に関する国際連合条約
  • 持続可能な開発目標(SDGs)
  • レスポンシブル・ケア世界憲章
  • パリ協定
  • OECD多国籍企業行動指針
  • 電子業界CSRアライアンス(RBA)行動規範
  • 経団連企業行動憲章2017年版