富士フイルムホールディングス

CSR方針

CSRの考え方と各種方針

富士フイルムグループの考えるCSRとは、誠実かつ公正な事業活動を通じて企業理念を実践することにより、社会の持続可能な発展に貢献することです。

わたしたちは、経済的・法的責任を果たすことはもとより、

  1. グローバルおよび地域の様々な環境・社会課題を認識し、事業活動を通してその解決に向けた価値を提供していきます。

  2. 私たちの事業プロセスが環境・社会に与える影響を常に評価し、その継続的な改善を進めるとともに、社会にポジティブな影響を広めていきます。

  3. ステークホルダーとのコミュニケーションを通して、社会の要請や期待に適切に応えているか、私たちの活動を常に見直していきます。

  4. 積極的に情報開示を進め、企業の透明性を高めます。

[図]富士フイルムグループのCSRの考え方

すべての従業員が意識し実践できるように、富士フイルムグループの考え方を2006年に制定、そして社会の変化に合わせて2014年に改定しました。また8つの方針(環境、社会貢献、生物多様性、調達、品質、労働安全衛生、安全保障輸出管理方針、AI基本方針)を策定し、活動を推進しています。

規程・方針類の名称 制定時期または改定時期
企業理念 2006年4月制定
ビジョン 2006年4月制定
企業行動憲章・行動規範 2019年4月改定
グローバルヘルスケア行動規範 2020年7月制定
CSRの考え方 2014年5月改定
人権声明 2019年4月改定
グリーン・ポリシー(環境方針) 2019年4月改定
社会貢献方針 2019年4月改定
生物多様性方針 2019年4月改定
調達方針 2020年4月改定
品質方針 2019年4月改定
労働安全衛生・健康推進方針 2019年4月改定
安全保障輸出管理方針 2015年5月制定
AI基本方針 2020年12月制定

CSRの原点はステークホルダーからの信頼と環境への配慮

「大量で清浄な水と空気」の恵まれた環境の中にある神奈川工場足柄サイト、その水源と水源かん養林

富士フイルムグループの創業の原点といえる写真フィルムは、製造時に「大量の清浄な水と空気」が不可欠であり、撮影前に試すことができない「信頼を買っていただく商品」です。そのため、環境保全、ステークホルダーからの信頼は当社ビジネスにとっての大前提という考え方が、事業活動の根底にあります。これが富士フイルムのCSR(企業の社会的責任)の原点であり、DNAとなっています。

富士フイルムグループは、持株会社体制となった2006年に、現在の企業理念とビジョンを制定。オープン、フェア、クリアな企業風土と先進・独自の技術により最高品質の商品・サービスを提供することで、社会の発展、健康増進、環境保全、人々の生活の質の向上に貢献するという精神をベースに、全グループ会社に適用する企業行動憲章、行動規範を定め、グループ全社で徹底しています。

2019年4月には、変化する社会要請や富士フイルムグループの果たすべき役割・責任を反映し、企業行動憲章・行動規範を改訂しました。企業行動憲章では、6つの原則に基づいて事業活動展開し、イノベーションを通じて持続可能な社会の実現に向けて行動することを掲げています。さらに富士フイルムグループの全従業員が日々の業務の中でCSRを意識し実践できるよう、「誠実かつ公正な事業活動を通じて企業理念を実践することにより、社会の持続可能な発展に貢献する」という、「CSRの考え方」を明確にしています。

2020年7月には、ヘルスケア事業について、社会及び各国の規制当局から、より高い倫理性、透明性、公正な事業活動が求められるようになっていることを踏まえて、富士フイルムグループ行動規範のもと、ヘルスケア事業に関連する役員・従業員が適切な事業活動を推進するために順守するべき事項を定めた「グローバルヘルスケア行動規範」を制定しました。

2030年度をターゲットとする長期目標を達成し、持続可能な社会に貢献

富士フイルムグループは、2014年の創立80周年を機に、当社が社会に価値ある革新的な「製品」「技術」「サービス」を生み出し続け、お客様の明日のビジネスや生活の可能性を拡げるチカラになるというコーポレートスローガン「Value from Innovation」を制定しました。

このコーポレートスローガンの下、社会課題を認識し、より積極的にその課題解決に貢献していくことを示すため、2014年には「CSRの考え方」を改定しました。また同年、“事業を通じた社会課題の解決”を目標に掲げた中期CSR計画「Sustainable Value Plan 2016(SVP2016)」と、それを実現するための具体的な行動計画となる中期経営計画「VISION2016」を策定しました。2014~2016年度の3年間は、「SVP2016」と「VISION2016」の2つの中期計画をリンクさせ、社会課題解決への貢献と事業の成長をともに達成することを目指し、成果を得ることができました。

ここの成果と経験を踏まえ、2017年8月に発表したのが、CSR計画「Sustainable Value Plan 2030(SVP2030)」と中期経営計画「VISION2019」です。SVP2030は持続可能な社会の実現に貢献するために、長期的に富士フイルムグループが目指す姿を示したもので、2030年をゴールとする「持続可能な開発目標 SDGs(Sustainable Development Goals)」に沿って、目標年度を2030年度としました。そしてSVP2030で掲げた目標を達成するための、2019年度までの具体的な事業戦略が「VISION2019」です。現在の事業の成長を加速させるだけではなく、特に大きな社会課題であるアンメットメディカルニーズに対応するヘルスケア領域、環境課題解決に貢献する高機能材料などについては、将来の富士フイルムグループを牽引する事業へと大きく成長させるため経営資源を投入し、次の中期計画へとつなげていく予定です。

SVP2030は富士フイルムグループの経営の根幹をなす計画です。目標達成のために長期的な視点を持ち、事業を通じて「新たな価値」を創出することにより、社会の持続的な発展に貢献できる企業を目指します。

中期経営計画「VISION2019」では、イメージング、ヘルスケア、マテリアルズ、ドキュメントに属する各事業をそれぞれの成長段階に合わせて、「収益力の向上」「さらなる成長の加速」「未来を創る投資」という3つのステージに位置づけ、現在の各事業のステージを明確化し、「各事業の収益力の向上によるキャッシュの安定的創出」「主要事業の成長加速による売上・利益の拡大」「未来の柱となる収益貢献事業の育成」を推進することで、より強固なポートフォリオを実現し、富士フイルムグループ全体の成長を目指します。