富士フイルムホールディングス

CSR計画

マテリアリティの策定プロセス

重点課題(マテリアリティ)については、下記の図のようなステップを踏まえて、自社と社会の両面で影響の大きい社会課題を抽出し、SVP2030の重点課題として特定しています。【STEP3】の重要性評価では、「事業を通じた社会課題の解決」(環境・社会への貢献)と「事業プロセスにおける環境・社会への配慮」(環境・社会への負荷最小化)の両面から課題を導き出しました。また社会の関心・要望については、社会の声の代表としてCSR有識者の(株)イースクエアに評価いただいた上で、優先する課題の項目を洗い出しています。さらに、グローバルでの喫緊の課題である「環境」分野については、SDGsコンパスを参考に、環境・社会負荷(リスク)と機会(オポチュニティ)をマッピングし、課題を整理しています。

2019年度は当初、中期経営計画VISION2019の最終年度であったため(次期中期経営計画は新型コロナウイルス感染症の影響により、当面発表延期)、VISION2019の振り返りや直近の世界的な潮流も踏まえて、2017年に策定した際の以下の3つの視点でSVP2030を再点検しました。その結果、「社会課題解決に向け、グローバル企業として貢献できることを長期視点でとらえ、目指す姿を明示する」という基本方針を継続することとしました。

  • 長期目標(2030年)の設定
  • 地球規模の環境課題は数値目標を明示して取り組む
  • 「事業を通じた社会課題の解決」(環境・社会への貢献)と「事業プロセスにおける環境・社会への配慮」(環境・社会への負荷最小化)の両面を考慮した重点分野に取り組む

今後も中期経営計画を立案する3年ごとに見直しを図り、PDCAサイクルを回しながら、SVP2030の達成、さらにはサステナブル社会の実現に貢献する企業を目指して、全社一丸となって活動していきます。

[図]Sustainable Value Plan 2030

中・長期CSR計画・目標の推移

富士フイルムホールディングスにおける中期CSR計画は、持ち株会社制になった翌年の2007年、ガバナンスやコンプライアンスを徹底することから始まり、2017年には2030年を目標とした長期目標「Sustainable Value Plan 2030(SVP2030)」の発表に至りました。

SVP2016におけるCSR活動を振り返るとともに、気候変動への対応等、世界的な潮流を踏まえ、SVP2030で重点的に取り組むべき課題を導き出しました。結果として、SVP2016で取り組んだ「社会課題の解決を事業成長の機会ととらえ全社で取り組む」という視点をさらに進化させ、「社会課題解決に向け、グローバル企業として貢献できることを長期視点でとらえ、目指す姿を明示する」ことを、基本的な方針としました。

社会課題抽出にあたっては、グローバルスタンダードのISO26000やGRIガイドライン/スタンダードから約130項目、パリ協定の目標やSDGsの169ターゲットなど、長期視点で取り組むべき観点を加え、網羅的に約300項目をリストアップしました。また、すべての事業部が保有、開発している製品、技術、サービスが社会課題解決に貢献する可能性を検討し、関連する社会課題もリストアップしました。

重要性の評価においては、「事業活動により生じる負荷の軽減/配慮」と、「事業を通じた社会課題の解決」の両面からアプローチしました。

(1)事業活動により生じる負荷の軽減/配慮
重点課題抽出のための重要性評価マップ

自社の重要性は当社が評価し、社会の関心・要望は社会の声の代表としてCSR有識者の(株)イースクエアに評価いただいた上で、優先課題の項目を洗い出し、重点課題としました。

(2)事業を通じた社会課題の解決
[図]社会課題と当社の事業・製品・技術等の関連

事業部の現在、及び将来の技術、製品、サービスに対して、当社が解決に貢献できそうな社会課題を洗い出し、マトリックスの表に落とし込み、「事業」「社会課題」双方にとって影響の大きい(●の数が多い)課題を重点課題としました。

さらに、上記(1)、(2)抽出した社内課題につき当社が環境や社会に影響を与えると思われる内容について整理するため、SDGsコンパスを参考に、特にグローバルでの喫緊の課題である「環境」分野につき、環境・社会負荷(リスク)と機会(オポチュニティ)をマッピングしました。

バリューチェーン全体にわたる事業プロセスにおける影響の検討(例:環境)
  • * SDGコンパスを参考に、事業プロセスにおける負の影響と事業を通じた社会貢献の正の影響の両面から重点課題を検討

【STEP3】で抽出された重点課題を重点分野に分類して分かりやすくするとともに、具体的な活動に移れるよう、各課題を推進する事業会社の関連事業部と事業課題とのすり合わせと、進捗を図る指標を検討するなど、2030年度に向けた目標設定を行いました。また、地球規模の環境課題については2030年に向けた数値目標を設定しました。SVP2030の重点課題は、富士フイルムホールディングス社長を委員長とするCSR委員会(現ESG委員会)にて審議、確定し、全社方針として取り組んでいます。

2019年度は当初、中期経営計画VISION2019の最終年度であったため(次期中期経営計画はコロナウィルス影響により、当面発表延期)、VISION2019の振り返りや直近の世界的な潮流も踏まえて、2017年に策定したCSR計画SVP2030の以下3つの視点を点検しました。その結果、以下の3点を踏まえ、「社会課題解決に向け、グローバル企業として貢献できることを長期視点でとらえ、目指す姿を明示する」という基本方針を継続することとしました。

  • 長期目標(2030年)の設定
  • 地球規模の環境課題は数値目標を明示して取り組む
  • 「 事業を通じた社会課題の解決」(環境・社会への貢献)と「事業プロセスにおける環境・社会への配慮」(環境・社会への負荷最小化)の両面を考慮した重点分野に取り組む

今後もSVP2030の達成に向けて、中期経営計画を立案する3年ごとに見直し、PDCAサイクルを回しながら全社一丸となって活動していきます。

Sustainable Value Plan 2030
重点分野 重点課題(キーワード) 事業を通じた
社会課題の解決
事業プロセスにおける
環境・社会への配慮
主な関連事業/関係者
環境 1.気候変動への対応 全社(特に工場、高機能材料事業)
2.資源循環 全社(特に工場、高機能材料事業)
3.エネルギー問題   全社(特に高機能材料事業)
4.化学物質の安全確保 全社(特に工場、高機能材料事業)
健康 1.アンメットメディカルニーズ   ヘルスケア事業
2.アクセス向上   ヘルスケア事業
3.疾病の早期発見   ヘルスケア事業
4.健康増進   ヘルスケア事業
5.健康経営   (社内)
生活 1.安全、安心な社会づくり   高機能材料
2.心の豊かさ   イメージング事業
働き方 1.働きがい ドキュメント事業
2.多様な人材   (社内)
サプライチェーン 全般にわたり強化     サプライヤー(+グループ全社)
ガバナンス オープン、フェア、クリアな企業風土     グループ全社(+サプライヤー)